女性

養成シートを利用する|建築現場で活躍しているアイテム

広告塔に使われることも

工事現場

通常工事現場はその周囲に仮設足場が組まれ、その足場の周囲には養生シートが貼られます。これは作業人が足場を通路として使う場合には人やものが落下しないように、あるいは騒音や細かな飛散物が外部に漏れないように貼られるものです。これを利用して会社の広告や宣伝に利用されることがあります。

詳細

ローラーをスムーズに回す

女性作業員

精密部品として重要な位置を占めているベアリングですが、これは扱いに注意が必要です。また、定期的にメンテナンスしないと、動作が上手くいかなくなることがあるので気を付けましょう。そのため、耐久性に優れたものが開発されています。

詳細

PCファンの快適動作

男性スタッフ

パソコンに活用されているファンは、ベアリングによって駆動しています。ベアリングがあるからこそ、ファンは高速回転して空調を整えることができ、その結果パソコンが正常に動作できるのです。ベアリングが無いと、ファンの寿命は大幅に削られてしまいます。定期的にグリスアップして、ベアリングが壊れてしまうのを防ぎましょう。

詳細

養生するシートの種類

工事現場

シートの種類

養生シートは、主に建築の現場で使われているもので、床の保護や汚れを防止する目的として敷くものです。養生シートの素材としては化学繊維で折り込まれたものが一般的で、ブルーシートなどがもっとも安価に購入できる養生シートとして知られます。一方でポリウレタン製である程度の厚みを持たしたものもあります。ブルーシートなどの養生は屋外で使用される傾向にあり、厚みのあるポリウレタン製のものは、床を保護する目的として屋内で広く使われています。またこのほかにもそれぞれの用途に適したものが作られており、フィルム状のものや板状のものがあります。多くの場合には仮設であるため固定する際には剥がした際にノリが残りにくい養生テープが使われます。

現代のシートの特徴

現代で使われている養生シートの特徴としては、機能が高められているということです。過去の養生シートであればあくまでも養生することが目的であり、ただの化学繊維で出来たシートといったものが一般的でしたが、近年は取り付けがしやすいように工夫されたものや防炎性や耐熱性のあるシートが使われています。またある程度の厚みを持たせることで作業環境を良くするといったものが登場しています。一方である程度の厚みを持たせてエンボス加工や複層とすることで保温性を高めたり、破れにくくしたりしたものも登場しており、これらでは養生テープが養生シートからはがれにくいといったメリットがあり、しっかりと固定させることが可能になっています。