男性スタッフ

養成シートを利用する|建築現場で活躍しているアイテム

ローラーをスムーズに回す

女性作業員

活用の際の注意点

ベリアングを活用する上での注意点としては、そもそもベアリングは小さなボール状の金属球が複数集まってひとつの部品として構成されている精密部品であるという事です。そのため扱い方を間違ってしまうとベアリングの組織が壊れて部品として活用する事ができなくなってしまうのです。こうした事情からも、ベアリングをメンテナンスする場合には必ずトレイなどの上で作業を行うようにしましょう。万が一ベアリングの内部にて構成されている部品が散らばってしまうと、部品が見つからなくなってしまう事があるためです。またベアリングの金属球にゴミやホコリが付着してしまうと部品として満足の行く動作をすることができなくなってしまう事もあります。メンテナンスの時には細かい構成部品を紛失しないように注意しましょう。

スムーズなローラーの特徴

スムーズに動作する機械ローラーの特徴としては、内部にベアリングが入っている事が挙げられます。ベアリングが、ローラー中心部分にあるシャフトの動作をスムーズなものにしているためです。スムーズな動作を行う事によってローラーがなめらかに回転します。一般的な台車などにも活用されているほか、病院のベッドのキャスターとしてもこうしたローラーが活用されています。部品が壊れてしまうとバラバラになってしまう事があるため、壊れないように耐久性を考慮して製作が行われています。縁の下の力持ち的な部品でもあり、一見すると動作しているのが分からないのですが、ローラーの分解をして構造を調べてみるとベアリングがいかに精密な部品であるかという事がわかります。ベアリングで活用されている金属球がなめらかな動作を行うために、機械油やグリスが潤滑されており破損しにくい構造にもなっています。