男性スタッフ

養成シートを利用する|建築現場で活躍しているアイテム

広告塔に使われることも

工事現場

注意すべき点とは

養生シートは建築物を施工する際に鳶職等によって仮設足場が建物の周囲に組まれます。完成すると全ては撤去されますが、仮設足場が組まれる時に並行して養生シートが取り付けられます。これはまだ上階部分の躯体が完成していない時点で階段が使えない場合、あるいは外部用工事用に各職方の作業に伴う上がり降りに足場として使われるものです。仮設の階段や手すり、筋違、壁つなぎも同時に取り付けられます。養生シートがその足場の周囲に取り付けられますが人や道具が落下しない、あるいは工事の騒音や細かな飛散物が外部へ漏れないように貼られるもので安全上大切な役割を持っています。また、台風や竜巻が起こった場合は、風によって大きな力を受けます。そのため仮設足場が倒壊しないように、足場と建物を固定する壁つなぎは、念入りに固定しましょう。

人気の理由は

このように養生シートは安全面で大切な役目を持つものですが、この安全シートを利用してここに会社のロゴマークやキャッチフレーズ、会社の住所や連絡先を印刷するケースも増えて来ています。これにより、もし近くで事故が近くで起きたりしても、会社のマークが目印となって、救助の際に場所が特定し易いということがあります。さらに、工事が展示場替わりを果たすと、問い合わせの電話も受け付けやすいという効果もあります。工事現場は通常は道路際にあり、通行人も多く通るので宣伝や広告の意味では効果のある方法とされています。遠方からもよく視認や確認でき人の記憶にも残りやすいこともあって最近では人気となって来ています。色彩も白に限らず目に優しい色調のものを使うこともでき、和んだ雰囲気作りも出来ます。